Displaying posts published in

8月 2011

緑々の栗

栗の毬(いが)が落ちていた。 秋になって熟れた栗の実と違って、若々しく緑々して清々しい。 なんだか無性に愛おしくなり写真におさめてみた。 栗の毬(いが)が落ちていた。 秋になって熟れた栗の実と違って、若々しく緑々して清々 [...]

子は父の栄えである。

先日、息子が日刊工業新聞に写真入りで大きく掲載された。 親としてとてもうれしく思った。 旧約聖書 箴言17にこうある。 孫は老人の冠である、 子は父の栄えである。 まさにそのとおりだー親馬鹿とは思うが心からそう思った。 [...]

触り三百

《触り三百》という言葉を知った。 iPhoneの大辞林によるとこうだ。 触っただけで三百文の損になる意。ちょっと関係したばかりに損をすることのたとえ。「是ぞ世にいふ━なるべし/浮世草子・胸算用1」 自分にとっては結構意味 [...]