Displaying posts published in

12月 2009

隣の雉猫が遊びに来た

10月18日に、隣の猫の写真をのせた(『隣の猫が遊びに来た』)。 茶トラの大きな猫でとてもなついていた。 それが11月に死んでしまってとても寂しく思っていた。 その茶トラは4人兄弟で、この間茶トラの弟の雉猫がふらっと遊び [...]

グーグルに奇門遁甲用方位地図が

今年は忙しくて方位を使えなかったが、来年は少しずつでも奇門遁甲を使おうと思っている。 奇門遁甲用に自宅を中心にした大きな白地図を用意しているが、微妙な方位を調べるのが結構手間がかかる。 そこで、もしやと思ってグーグルで奇 [...]

今年のふりかえり―トランジッション

今年も今日が最終日。 2009年は自分にとって大きな節目の年だった。 40年のイナーシャに流されず、なんとか総務部長から社内研修インストラクターへの転身ができた。 今年の1月に総務部長を後任に譲ったが、やはり大きな空虚感 [...]

CHANCE の語源は「サイコロの目」

『ビジネスチャンス発見の技術』を読みだした。 冒頭に「チャンスとは何か?」との問いがある。 オックスフォード辞典でも、チャンスには、①不確かさ、②確立、③なかするのにちょうどよいタイミング、④リスク、⑤たまたま―など色々 [...]

「韃靼の馬」と「愚公移山」

日経朝刊の連載小説『韃靼の馬』が相変わらず楽しみだ。 挿絵は今一だが…。 今朝(12月23日)の51回目に、こんな件がある。 馬上の男の姿がはっきり見えた。克人と同じ覆面の暗行御史の装束だ。「銀の道」は左側通行である。 [...]