Displaying posts categorized under

気づき

そこに水を飲みたいカムイがいたんだねぇ。

今朝(6月5日)の日経朝刊の〈読書〉欄にこんな書評が紹介されていた。 アイヌ、風の肖像 小さな子供が床に置いてあった水を足にひっかけてこぼしてしまった。 本書の主人公、アイヌ民族の女性のアシリレラはやさしくこう言ったとい [...]

今年も葵の花が

会社の自席で。 台風2号が温帯低気圧に変わり、昼ごろには初夏の日差しが戻ってきた。 ふと後をふりむくと、窓越しに葵が濃いピンクの花をつけている。 ああ、いつの間にかまたこの季節がめぐってきたんだ。 前職の頃、毎年7月頃に [...]

iPhone奮闘記②―iTunesに少し感激。

さて、次はどうするか。 マニュアルがなくては次に進めない。 どんな本を買っていいのか分からないのでとりあえず入門編らしい『iPhone4自由自在』という本を購入。 iPhoneを購入したらまずは iTunesのセットアッ [...]

東日本大震災がくれた内省の時間

3月11日の東日本大震災は多くの人に多くに傷跡を残した。 私も、直接被災したわけではないが、心に深い変化を経験した。 ブログも震災を境に手が止まった。 3月12日に予定されていた産業カウンセラー協会東京支部の「人間関係開 [...]

雪が降ると思い出す

今朝は雪。 ふっと4、5歳の記憶が蘇った。 昔は関東でも雪が深く積もった。 ある雪の日。 父が、降った雪を鍋に一杯に詰めた。 ガラスのコップに、牛乳に玉子をといて入れた。 そして、鍋の雪の中にそのコップをうずめ、外におい [...]