Displaying posts categorized under

気づき

子は父の栄えである。

先日、息子が日刊工業新聞に写真入りで大きく掲載された。 親としてとてもうれしく思った。 旧約聖書 箴言17にこうある。 孫は老人の冠である、 子は父の栄えである。 まさにそのとおりだー親馬鹿とは思うが心からそう思った。 [...]

触り三百

《触り三百》という言葉を知った。 iPhoneの大辞林によるとこうだ。 触っただけで三百文の損になる意。ちょっと関係したばかりに損をすることのたとえ。「是ぞ世にいふ━なるべし/浮世草子・胸算用1」 自分にとっては結構意味 [...]

七十而従心所欲不踰矩

通勤時に歩きながらipfoneで論語を聞いている。 素読と読み下しのリズムが心地よい。 今朝、為政第二のところで、あの有名なフレーズが読み上げられた。 子曰(子曰はく)吾十有五而志于学(吾十有五にして学に志し)三十而立( [...]

いざMacワールドへー箸と指

MacBook Proには、マウスがついていない。 iPhoneのように、複数の指を使い分ける「マルチタッチジェスチャ」方式だ。 昨日までのダイナブックは、マウスでの操作だ。 マウスは、食事で言えば「箸」で食べるようなも [...]

一人十色

ダイヤモンド社の『自分ごとだと人は動く』を読んでいたら、「人間とはタグの集合である」というフレーズにぶつかった。 最近、エバーノートにこっているので意味はすぐ飲み込めた。 平成2年頃だったと思うが、ある評論家の講演を聞い [...]