ただただ24式を錬る

ここのところ何だか忙しく太極拳の練習ができないでいた。
昨日、1ヶ月ぶりに太極拳教室に参加した。
初心の方が何名か入られていて、いつの間にか自分も経験者の部類になっていた。

基本の24式を習い始めて6ヶ月になる。
ある程度出来るようになってくると、42式とか48式とか、はては形意拳など太極拳以外の拳法にも手を広げてみたくなるー。
そんなとき、ある禅師の言葉が浮かんだ。

およそ物事にはすべて道がある。
これらはいずれも、形や型を通してその奥にある心を鍛錬しようとする、修養・トレーニングの方法である。
うまずたゆまず型をやる。
学ぶとはまねぶ。だから、手本通りに真似をする。

ただただ24式を錬る。
それが今だ。
そんなことに思い至った。

Leave a Response