ヤモリ

朝、出がけに門を出ると、白いヤモリがぐったりしていた。
よく見ると死んでいた。 
まわりには蟻どもが集まり始めていた。
玄関の扉にはりついていてギョッとさせたり、家の中に入ってきて大騒ぎをさせた、あのヤモリに違いない。
何だか友人を失ったような。
悲しみのような。
ありがとうと心の中で言っていた。

Leave a Response