iPhone奮戦記①―iPhone購入

2月13日に思いついたようにiPhoneを買ってから、3ヶ月経った。

ものを買うときは考えに考えてから買う質だが、今回は衝動的に買ってしまった。
思い返すと多分ストレスのなせるわざだろう。
2月13日の日曜日の昼頃、無性にiPhoneがほしくなった。
思いついたようにソフトバンクに在庫を確認すると―在庫があるという。
かき集めた5万円を手にソフトバンクへ。

女性の店員が対応してくれたが、説明を聞いてもちんぷんかんぷん。
店員の質問にほとんど答えられない。
丁寧に教えてくれはしているが、なんとなくはしばしに嘲笑さが。
分からなければお知り合いのどなたかに聞いて下さいね。

とにかくiPhoneなるものを購入して、勇んで自宅に帰った。
携帯電話は解約してしまったので、すぐにもiPhoneを使いこなさなければならない。
携帯電話のアドレスは〈電話帳簡単コピー〉というアプリを使えば簡単にiPhoneにコピーできると教えてもらっていた。

書いてもらった手順通りに手続きを進め、最後に電話番号を打ち込む段階まできた。
ところがいくら電話番号を打ち込んでも打ち込んでもエラー。パニック。大パニック。
あの女性店員に聞きに行くのも自尊心がじゃまをする。
一晩寝て翌日気づいた。
携帯の電話番号を入れるんだ!
自宅の固定電話の番号を何回も入れ続けていた。

で、なんとか、電話帳のコピーが成功。iPhone開通!
さてさて、こんな調子でiPhoneが使いこなせるのか。
まだ携帯とスマートフォンとiPhoneの区別もついていない。

Leave a Response