太極拳推手

太極拳の練習に、推手というのがある。
2人一組になってお互いに技を掛け合う練習だ。

この推手に、捨己従人、後発先至(己を捨てて人に従う、後から発して先に至る)という大原則がある。
相手を先に動かし攻めさせることにより、自己の技法の対応が根拠のあるものとなる。
盲目的な動きを避け、さらに相手の弱点を利用することもできる。

従人となるのは、相手に我を先に打たせないためで、先至とは従人である前提で、我が先に相手を打つということ。

国家間でも通じる原則のように思われてならない。

Leave a Response