苦しさを苦しさのまま受け入れる

風邪を引いたことがないのが自慢だったのですが、10日、ついに風邪を引いてしまいました。
花粉症の薬を変えたので、免疫体系が変わってしまったのかも知れません。
鼻が詰まって夜寝られない。
口呼吸になるのでノドが痛くなる。
今までなら、苦しさと怒りに押しつぶされていたのが、ヴィパッサナー瞑想を学んだおかげで、その苦しさを苦しさのまま受け入れられるようになりました。
ただひたすら呼吸に注意を向け続けました。入る、出る、入る、出る・・・。
そうすると、いつの間にか眠りに落ちていました。
今、ここに気づくことの大切さ。

Leave a Response