静座瞑想

昨日は、小西先生のマインドフルネス実践会に参加させていただきました。
初めて、45分間の静座瞑想に臨みました。

15分ごとにティンシャ(鐘)の音が入るので、長丁場の不安感が解消される。
2回目のティンシャの音を聞いたとたん、今まで経過した30分間が無性に惜しくそして懐かしく感じられた。
すべてのものは流れ去っていく。
30分前の自分と、今の自分は同じではない。
これからの残り15分の瞑想がとても大切に思えてきた。
(その途端に思考の世界に入ってしまっていったかも知れないが)
こういうのを無常というのだろうか。

お陰さまで、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。

Leave a Response